桜の木の実

本日の依頼はですね


ロニ
「今日の依頼はなんだ」

「桜の木の実の採取だって」
月海
「桜の木の実?」
摩耶
「それってさくらんぼの事か?」
ロニ
「かもな」

「さくらんぼかぁ」
月海
「あれってそんな美味いもんかね」
摩耶
「あたしは甘いの苦手だからなぁ」
ロニ
「そういや摩耶って甘いの苦手だったな」

「そうだね、バレンタインもあれでしょ」
月海
「チョコとか苦手そうだもんな」
摩耶
「まあな、バレンタインもやりてぇけど甘いの苦手だからどうにもなぁ」
ロニ
「摩耶はなんか意外だよな、甘いものが苦手っていうのも」

「うん、でも女の子らしくもないしなんか分かる」
月海
「言われてんぞ」
摩耶
「うっせ」
ロニ
「ははっ、でも摩耶は実は意外と女の子らしいんだぜ」

「だよね」
月海
「あと摩耶ってピアノが凄く上手いよな」
摩耶
「まあな、ピアノはあたしの少ない特技の1つだぜ」
ロニ
「でもピアノなんてシャレオツだよな」

「うん、羨ましいよ」
月海
「だよな、あたしはピアノなんて全くだぜ」
摩耶
「ピアノは繊細だからな」
ロニ
「摩耶が繊細って言うとあれだよな」

「本人が繊細に見えないし」
月海
「言われてんぞ」
摩耶
「うっせ」
ロニ
「まあがさつに見えて実は繊細なんだろうな」

「だよね、ガラスのハートみたいな」
月海
「あ、なんか分かる」
摩耶
「覚えてろよ」
ロニ
「ははっ、それでこそだぜ」

「だね」
月海
「摩耶も意外と可愛いしな」
摩耶
「あ?」
ロニ
「いいねぇ」

「でもロニもモテるようになったよね」
月海
「だよな、あたしはロニは好きだぜ」
摩耶
「ロニはいい兄貴だもんな」
ロニ
「まあな、孤児院でも兄貴分だったし世話焼きなんだろ」

「そっか」
月海
「やっぱロニは好きだわ」
摩耶
「月海は兄貴とか好きそうだしな」
ロニ
「そうだな」

「本人がウルフだもんね」
月海
「誰がウルフだ」
摩耶
「それが可愛いとも思うけどな」
ロニ
「月海も口が悪いだけで根は可愛いよな」

「だよね」
月海
「ははっ、誰が可愛いって?」
摩耶
「笑顔で怒るな」
ロニ
「行くか」

「だね」
月海
「おう」
摩耶
「だな」



ロニ
「それで今日はどこへ行くんだ」

「桜の森だね」
月海
まあそんな事だろうと思ったぜ」
摩耶
「桜の木の実な」
ロニ
「さくらんぼってあれやたらと高いよな、桐の箱に入ったやつとかクッソ高いぞ」

「だよねぇ、なんだろうねあの高さ」
月海
「それが価値ってもんなんだろ」
摩耶
「かもな、イチゴだって一粒がやたらと高いやつとかあるしな」
ロニ
「それな、果物って高級なやつはマジで高いぞ」

「あの高級なやつって何なんだろうね」
月海
「まあ味は確かに美味いんだけどな、ただそんな高いと流石に」
摩耶
「だよなぁ、貧乏人は安いもんでも食ってろってか」
ロニ
「高級な果物はお見舞いにでも買うんだろ」

「なんか納得」
月海
「だな」
摩耶
「それなら納得だわ」
ロニ
「行くか」

「だね」
月海
「行くぞ」
摩耶
「おう」



ロニ
「ここが桜の森だな」

「赤い木の実がそれだよ」
月海
「んじゃ行くぞ」
摩耶
「だな」



ロニ
「お、こいつか」

「みたいだね、他にもあるからどんどん集めて」
月海
「おう」
摩耶
「うっし」



ロニ
「ここは今は葉桜になってるんだな」

「だね、でも木の実は葉桜の時に実をつけるみたい」
月海
「そういうもんなんだな」
摩耶
「それより行くぞ」



ロニ
「結構採れるな」

「これならすぐに終わりそうだね」
月海
「ならどんどん行くぞ」
摩耶
「だな」



ロニ
「もう少しか」

「うん」
月海
「ならさっさと終わらせるぞ」
摩耶
「だな、さっさとやっちまうぞ」



ロニ
「こんなもんか」

「だね、それじゃ依頼達成だよ」
月海
「帰るぞ」
摩耶
「何か来るぜ」
魔物
「見つけたわ」
ロニ
「出やがったな」
魔物
「今度は勝つわよ」

「相手になるよ」
月海
「返り討ちにしてやるよ」
摩耶
「行くぞ!」
魔物
「撃ち抜く!」



月海
「行くぞ!」
月海
「諦めねぇぞ!烈波!荒波!拳届かずとも!伸ばす!絶波!海荒拳!!」
魔物
「くっ!?」
月海
「アクセル解放!ウェイブナックル!」
月海
「荒波拳!!」
月海
「どうなっても知らねぇぞ!限界を突破してやるぜ!うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」
月海
「これぞ荒波!タイダルストライク!!」

「行くよ!」

「見切った!てりゃっ!たりゃっ!止めだよ!喰らえッ!紅竜!蒼牙斬!!」
魔物
「くっ!?」

「アクセル解放!ブレイブファイア!」

「火連斬!!」

「これは受け継がれた勇者の剣だよ!斬!王!連!翔!剣!!」
摩耶
「行くぜ!」
摩耶
「一気に決めてやるぜ!刻み込む!比叡瞬天槍!!闇に飲まれろ!」
魔物
「くっ!?」
摩耶
「アクセル解放!カオススピア!」
摩耶
「ついでに、深海化だ!」
摩耶
「ヒャハッ、シズメ!!」
摩耶
「ヒャハハ、ウミノモクズニシテヤル!兵装展開!羽黒冥閃砲!!ヒャハハハ!シズメエェェェェ!!」
魔物
「撤退ね」



ロニ
「それじゃ依頼達成だな」

「帰るよ」
月海
「だな」
摩耶
「おう」


こうして依頼達成
その実は赤く熟していた

コメント


管理者のみに表示

トラックバック