あの日の前日

本日も平和なようで


レイヴン
「…はぁ」
山風
「提督?元気ないね」
レイヴン
「ん?ああ」
エルヴィラ
「憂鬱そうな顔してるわね、何かあったの?」
レイヴン
「明日バレンタインやん」
夕季
「野球の監督かな」
レイヴン
「それもバレンタインだけど、そうじゃない」
山風
「あ、そっか」
レイヴン
「俺っちが甘いの苦手なのは知っとるやろ」
エルヴィラ
「それで憂鬱なのね」
レイヴン
「そういう事」
夕季
「でも気持ちは大切だよ」
レイヴン
「そもそもバレンタインはお菓子屋が始めた習慣じゃないの」
山風
「そうなの?」
レイヴン
「せやで」
エルヴィラ
「でもお菓子メーカーも考えるわよねぇ」
レイヴン
「全くだ」
夕季
「ボクはチョコもらいたいなぁ」
レイヴン
「夕季ちゃんならもらう側になっても不思議じゃない」
山風
「男の子に見えるもんね」
レイヴン
「うん」
エルヴィラ
「私もチョコが食べたいわ、レイヴン、逆チョコしない?」
レイヴン
「俺にそのチョコを渡せというのか」
夕季
「なんでタクティクスオウガ…」
レイヴン
「分かるのか」
山風
「あたしは提督にチョコあげるよ、甘くないやつ」
レイヴン
「山風ちゃん…」
エルヴィラ
「私は自分チョコでもしようかしら」
レイヴン
「それもいいんでない?」
夕季
「だね、自分へのご褒美みたいな」
レイヴン
「そういう事」
山風
「提督の為に愛を込めて」
レイヴン
「愛が重い」
エルヴィラ
「うふふ」
レイヴン
「はぁ」
夕季
「ボクはバレンタインとか何かとあったからなぁ」
レイヴン
「男に間違われてたりしそうだな」
山風
「実際男装してるもんね」
レイヴン
「せやね」
エルヴィラ
「夕季も苦労してそうね」
レイヴン
「うん」
夕季
「まあそれは言わないでね」
レイヴン
「そうする」
山風
「えへへ」
レイヴン
「山風ちゃんはいい子だねぇ」
エルヴィラ
「うふふ、可愛いわね」
レイヴン
「はぁ」
夕季
「レイヴンのバレンタインは憂鬱そうだね」
レイヴン
「全くでございます」
山風
「提督にあたしの愛を捧げる」
レイヴン
「愛が重い」
エルヴィラ
「いいわねぇ、人気者で」
レイヴン
「勘弁してください」
夕季
「ふふっ、そういうレイヴンも好きだよ」
レイヴン
「はぁ、仕事しよ」

その頃

リアーネ
「ふんふーん」
クレア
「リアーネ、ご機嫌ね」
リアーネ
「ええ、明日はバレンタインだもの」
若葉
「そういえばそうでしたね」
リアーネ
「フィリスちゃんに私の愛を贈るのよ」
涼月
「ばれんたいんとは?」
リアーネ
「好きな人にチョコを贈るのよ」
クレア
「間違ってないけどなんか違うわね」
リアーネ
「フィリスちゃんチョコを愛を込めて作るのよ」
若葉
「愛が重いですね」
リアーネ
「うふふ」
涼月
「つまりチョコを好きな人にプレゼントするんですね」
リアーネ
「そうよ」
クレア
「リアーネの愛は重そうね」
リアーネ
「だって愛してるんだもの」
若葉
「これが禁断の愛」
リアーネ
「あぁ、本当なら男に生まれたかったわ」
涼月
「なんか凄く危険な香りがします」
リアーネ
「うふふ」
クレア
「好きっていうのも大変ね」
リアーネ
「私の愛を込めるのよ」
若葉
「これは危険な香りが」
リアーネ
「うふふ」
涼月
「これがリアーネさんの愛、私もお冬さんがいれば…」
リアーネ
「うふふふふ」

その頃

プラフタ
「ふむ」
リーガル
「む?プラフタ、どうした」
プラフタ
「あ、いえ少し」
ムラサメ
「何か考え事か?」
プラフタ
「ええ、バレンタインのチョコをソフィーに贈ろうかと」
旗風
「ばれんたいんとは?」
プラフタ
「好きな人にチョコを贈る日です」
リーガル
「間違っていないが何か違うな」
プラフタ
「とはいえ私は料理はどうにも苦手で」
ムラサメ
「それで難しい顔をしとったのか」
プラフタ
「ええ」
旗風
「私も春風姉様にちょこれいとを…」
プラフタ
「とりあえず作ってはみたのですが、どうにも」
リーガル
「なら私が手伝ってやろう、それぐらいなら簡単だからな」
プラフタ
「ならお願いします」
ムラサメ
「チョコのぉ、我輩は特にいいかの」
プラフタ
「でもチョコを作るだけなのに意外と上手くいかないものですね」
旗風
「あの、私も作りたいのですが」
プラフタ
「いいですよ、では一緒に作りますか」
リーガル
「ふふ、いいものだな」
プラフタ
「男性からという決まりもないですしね」
ムラサメ
「じゃな」
プラフタ
「うふふ」
旗風
「春風姉様に私の愛を…」
プラフタ
「美味しいチョコを作りますよ」

その頃

リディー
「うーん」
クラース
「どうした?リディー」
リディー
「ん?ああ、少しチョコを作ろうかなって」
ライコネン
「チョコ?ああ、バレンタインか」
リディー
「うん、スーちゃんにでもあげようかなって」

「チョコねぇ、バレンタインなんてお菓子屋の策略じゃない」
リディー
「あはは」
クラース
「チョコレートなぁ、私も甘いものは食えるが控えめの方が好きだ」
リディー
「クラースって意外と好き嫌いないよね」
ライコネン
「それにしてもバレンタインかぁ、私はチョコケーキでも作ろうかな」
リディー
「ライコネンのチョコケーキか」

「あたしはまあ一応ね」
リディー
「でもクラースって甘さ控えめが好きなんだね」
クラース
「好物はミラルドの焼いた甘さ控えめのチェリーパイだからな」
リディー
「チェリーパイかぁ」
ライコネン
「私も好きだよ、チェリーパイ」
リディー
「なんにしてもチョコレートを作るにしてもどんなのがいいかなぁ」

「バレンタインなんてお菓子屋のエゴじゃないのよ」
リディー
「曙は辛辣だなぁ」
クラース
「ふふ、まあいいさ、好きに作ればいい」
リディー
「だね」
ライコネン
「どんなチョコにしようかなぁ」
リディー
「うーん」

「ったく」
リディー
「むむむ」


こうして明日はバレンタインなのです
お菓子屋のエゴがそこにはある

コメント


管理者のみに表示

トラックバック