源泉の鉱石

本日の依頼はですね


ロイド
「今日の依頼はなんだ」
メリアドール
「源泉の鉱石の採取ね」
未来
「源泉の鉱石?」
狐心
「つまり温泉にでも行くの」
ロイド
「だろうな」
メリアドール
「温泉ね、息抜きにはいいかしら」
未来
「そうね、今回は入らないけど」
狐心
「温泉はいいよ」
ロイド
「だよな、温泉は癒やされるぜ」
メリアドール
「ロイドはスケベ大魔王だけどね」
未来
「あら」
狐心
「スケベ大魔王なんだ」
ロイド
「あれは濡れ衣だって…」
メリアドール
「うふふ」
未来
「メリアドールもお茶目になったものね」
狐心
「そんな気がするね」
ロイド
「はぁ、でも狐心だって何かとな」
メリアドール
「実際はどうなのかしら」
未来
「そうね」
狐心
「あはは」
ロイド
「狐心から漂う犯罪臭」
メリアドール
「確実に犯罪よね」
未来
「それはありそうね」
狐心
「どういう意味?」
ロイド
「性格的な意味で」
メリアドール
「そうね」
未来
「的確すぎるわ」
狐心
「そうなの?」
ロイド
「確かに分かる」
メリアドール
「ロイドに同意するわ」
未来
「分かるわ」
狐心
「もうっ」
ロイド
「でもそれが個性か」
メリアドール
「あれはあれよ」
未来
「ロイドの人生が終わるかもね」
狐心
「うーん」
ロイド
「まあ狐心は真面目なのか」
メリアドール
「忠犬よね」
未来
「凄く分かるわ」
狐心
「私は犬なの?」
ロイド
「何となく分かるよな」
メリアドール
「そうね」
未来
「狐心って何かとありそうよね」
狐心
「はぁ」
ロイド
「まあなんだ、人って難しいな」
メリアドール
「哲学的ね」
未来
「寧ろ哲学でしょ」
狐心
「哲学って」
ロイド
「難しい事は分からないけどな」
メリアドール
「ロイドらしいわね」
未来
「そうね」
狐心
「はぁ」
ロイド
「行くか」
メリアドール
「そうね」
未来
「ええ」
狐心
「うん」



ロイド
「それで今日はどこへ行くんだ」
メリアドール
「源泉の岩山ね」
未来
「まあそうなるわよね」
狐心
「鉱石、何に使うのかな」
ロイド
「使い道なんていくらでもあるさ」
メリアドール
「そういう事よ」
未来
「でもいいものよね」
狐心
「そうだね、温泉に入りたいよ」
ロイド
「クランの風呂は温泉だろ」
メリアドール
「確かそんな事は言ってたわね」
未来
「あそこ源泉があったのね」
狐心
「みたいだね」
ロイド
「温泉なぁ」
メリアドール
「ロイドはスケベ大魔王よね」
未来
「スケベ大魔王ね」
狐心
「私の体はご主人のものだよ」
ロイド
「1人やばいのが」
メリアドール
「うふふ」
未来
「メリアドールもワルよね」
狐心
「そんな気がする」
ロイド
「はぁ」
メリアドール
「ロイドも大変ね」
未来
「掘り起こすからでしょ」
狐心
「誰のせいなんだろう」
ロイド
「行くか」
メリアドール
「ですね」
未来
「ええ」
狐心
「うん」



ロイド
「ここが源泉の岩山だな」
メリアドール
「ええ、黒くて艶のある鉱石を探してね」
未来
「了解よ」
狐心
「それじゃ行こうか」



ロイド
「お、こいつか」
メリアドール
「みたいね、他にもある筈だから探すのよ」
未来
「ええ」
狐心
「うん」



ロイド
「そこそこ出るな」
メリアドール
「これならすぐに終わりそうね」
未来
「ならさっさと終わらせるわよ」
狐心
「うん」



ロイド
「湯気があるな」
メリアドール
「近くに温泉があるみたいね」
未来
「でも源泉だと凄く熱かったりするし、入らない方がいいわよ」
狐心
「かもしれないね」
ロイド
「行くか」
メリアドール
「さっさと終わらせましょ」
未来
「そうね」
狐心
「だね」



ロイド
「こんなもんか」
メリアドール
「そうね、それじゃ依頼達成よ」
未来
「帰るわよ」
狐心
「何か来るよ」
魔物
「見つけたわ」
ロイド
「出やがったな」
魔物
「今度は勝つわよ」
メリアドール
「返り討ちにしてあげるわ」
未来
「覚悟なさい」
狐心
「行くよ!」
魔物
「斬る!」



未来
「行くわよ!」
未来
「後悔するのね!滅びなさい!月皇星覇塵!!」
魔物
「くっ!?」
未来
「アクセル解放!ムーンカウント!」
未来
「下弦斬!!」
未来
「後悔するのね!はあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!神月、聖皇破!!」
メリアドール
「行くわよ!」
メリアドール
「地獄の鬼の首折る刃の空に舞う、無限地獄の百万由旬…冥界恐叫打!!」
魔物
「くっ!?」
メリアドール
「アクセル解放!ディバインサークル!」
メリアドール
「氷殺剣!!」
メリアドール
「氷天の砕け落ち、嵐と共に葬り去る、滅びの呼び声を聞け!咬撃氷狼破!!」
狐心
「行くよ!」
狐心
「白い炎の雨よ、燃えちゃえ!白雨!!」
魔物
「くっ!?」
狐心
「アクセル解放!シャドウツイン!」
狐心
「廻火!!」
狐心
「行くよ!白い炎よ、グルグル廻れ!一気に燃やすよ!炎廻!!」
魔物
「撤退ね」



ロイド
「そんじゃ依頼達成だな」
メリアドール
「帰るわよ」
未来
「そうね」
狐心
「うん」


こうして依頼達成
温泉はまた別の機会に

コメント


管理者のみに表示

トラックバック