砲弾の実

本日の依頼はですね


スタン
「今日の依頼はなんだ」
羽月
「砲弾の実の採取だそうだ」
紫苑
「砲弾の実?」
イノン
「なによそれ」
スタン
「さあ?」
羽月
「なんでも散弾のように弾ける木の実らしい」
紫苑
「それはなんというか」
イノン
「物騒な」
スタン
「目に入ったら痛そうだな」
羽月
「砲弾と言うよりはクラスターみたいなやつだな」
紫苑
「一部界隈から叩かれそうな」
イノン
「それは言わない」
スタン
「そういや羽月って超能力使えるんだろ」
羽月
「ああ、使えるぞ、水を操れる」
紫苑
「確かに水柱とかを発生させられますよね」
イノン
「そうね、超能力って不思議だわ」
スタン
「それで武器は仕込み傘」
羽月
「そうだな、こういう仕込み系の武器も最近はそれなりにメジャーになりつつある」
紫苑
「銃が仕込んであったり剣が仕込んであったり」
イノン
「油断してる所をサクッとね」
スタン
「あはは」
羽月
「元々剣術は得意だからな」
紫苑
「時代劇の影響ですかね」
イノン
「それはそれでどうなのよ」
スタン
「でも時代劇が好きなんだろ」
羽月
「好きだぞ、特に好きなのは必殺仕事人だ」
紫苑
「定番ながらもいいチョイスですね」
イノン
「そうね、定番だからこその面白さってあるし」
スタン
「必殺仕事人かぁ」
羽月
「ああいうプロの仕事をする作品がとにかく好きでな」
紫苑
「なるほど」
イノン
「なんとなく納得ね」
スタン
「プロの仕事か」
羽月
「ああ、ああいうのには憧れてしまうな」
紫苑
「ピン!シュバッ!ピピピン!シュバババッ!ピピピピピン!シュバババババッ!」
イノン
「なによそれ」
スタン
「分かる人には分かるネタ…」
羽月
「どういう意味だ?」
紫苑
「うめぼしの謎ですね」
イノン
「うめぼしの謎?」
スタン
「そういうギャグ漫画があってだな」
羽月
「つまり紫苑は何歳なんだ」
紫苑
「乙女の秘密です」
イノン
「白々しい」
スタン
「はは」
羽月
「うめぼしの謎…」
紫苑
「面白いですよ」
イノン
「どんな漫画なのよ」
スタン
「ギャグ漫画だよな」
羽月
「むぅ」
紫苑
「ぷっ」
イノン
「意味分からん」
スタン
「行くか」
羽月
「だな」
紫苑
「ええ」
イノン
「はい」



スタン
「それで今日はどこへ行くんだ」
羽月
「蓮の沼だな」
紫苑
「沼なんですね」
イノン
「蓮の沼ね」
スタン
「レンコンでも採れそうだな」
羽月
「レンコンは蓮の根の事だからな」
紫苑
「辛子蓮根とか美味しいですよね」
イノン
「紫苑って変な所でババ臭いわよね」
スタン
「それは言ってやるな」
羽月
「やれやれ」
紫苑
「愛アンクローしますよ」
イノン
「紫苑のアイアンクローってそんな怖いの?」
スタン
「怖い」
羽月
「あのスタンが言うのか」
紫苑
「愛です」
イノン
「はぁ」
スタン
「紫苑のアイアンクローはガチだぞ」
羽月
「そこまで言うのか」
紫苑
「うふふ」
イノン
「その笑みが怖い」
スタン
「それなんだよな」
羽月
「なんか恐ろしくなってきたな」
紫苑
「やってあげましょうか」
イノン
「勘弁して」
スタン
「行くか」
羽月
「だな」
紫苑
「はい」
イノン
「ええ」



スタン
「ここが蓮の沼か」
羽月
「探すのは艶のある緑の実だぞ」
紫苑
「分かりました」
イノン
「それじゃ行くわよ」



スタン
「お、こいつか」
羽月
「みたいだな、他にもある筈だから集めるぞ」
紫苑
「ええ」
イノン
「行くわよ」



スタン
「これが弾けるのか」
羽月
「下手に衝撃を与えるな」
紫苑
「そうしたら弾けますね」
イノン
「それよりさっさと集めるわよ」



スタン
「もう少しか」
羽月
「さっさと終わらせるぞ」
紫苑
「ですね」
イノン
「ええ」



スタン
「こんなもんか」
羽月
「だな、では依頼達成だ」
紫苑
「帰りますか」
イノン
「何か来るわ」
魔物
「見つけたわ」
スタン
「出たな」
魔物
「今度は勝つわよ」
羽月
「相手になるぞ」
紫苑
「負けませんよ」
イノン
「行くわよ!」
魔物
「撃ち抜く!」



紫苑
「行きますよ!」
紫苑
「月の欠片よ!敵を討て!ルナセインバレット!!終わりです!」
魔物
「くっ!?」
紫苑
「アクセル解放!クロウショット!」
紫苑
「ムーンシュート!!」
紫苑
「狂気の月よ!ここに顕現し、その狂気を解き放て!ルナティックロアー!!」
羽月
「行くぞ!」
羽月
「終わらせる!暗き夜に揺らめく刃…最後の月に、名を刻め…水月瀑閃剣!!命を糧としここに爆ぜよ!」
魔物
「くっ!?」
羽月
「アクセル解放!ジェルシールド!」
羽月
「必閃!!」
羽月
「見せてやろう!本気で行かせてもらおう!刹水閃!!刻み込め斬光!」
イノン
「行くわよ!」
イノン
「刻め!影になって突き抜ける!シャドウファンダム!!」
魔物
「くっ!?」
イノン
「アクセル解放!メカニカルランス!」
イノン
「ダークパイク!!」
イノン
「行くわよ!刻み込む!まだまだ行くわよ!さらに刻め!プルートスター!!一閃!」
魔物
「撤退ね」



スタン
「それじゃ依頼達成かな」
羽月
「帰るぞ」
紫苑
「はい」
イノン
「ええ」


こうして依頼達成
その実は取扱い注意

コメント


管理者のみに表示

トラックバック