FC2ブログ

アナザーストーリー ソプラ編 第二話

カーイェンの街にやってきた一行は


ソプラ
「さて、それじゃ行こうか」
ベルベット
「ええ」
ギィ
「だな」
竜美
「案内してくださいね」
熊野
「さあ、行きますわよ」



ソプラ
「ここだね、すみませーん」

「はい!今開けます」
ソプラ
「…」
女の子
「あ、ソプラ、本当に来てくれたのね」
ソプラ
「うん、流子、久しぶり」
流子
「そっちの人達はソプラの知り合い?」
ソプラ
「うん、クランの仲間だよ」
流子
「そっか、とりあえず中に入って」
ソプラ
「うん、お邪魔します」
ベルベット
「お邪魔するわよ」
ギィ
「お邪魔します」
竜美
「お邪魔します」
熊野
「お邪魔しますわ」



流子
「何か出したいけど、今はこんな状態だしね」
ソプラ
「足は大丈夫なの」
流子
「うん、先生の話だとギプスが外れるのはもう少しだって」
ベルベット
「それにしてもその怪我何があったの?」
流子
「試合で転んでその時に骨折したの」
ギィ
「それでなのか」
流子
「うん、でもあの時のは転ばされたんだと思ってるの」
竜美
「どういう意味ですか?」
流子
「その時は紅白戦だったからね、シーズン開幕の直前だったの」
熊野
「それで狙われたという可能性ですわね」
流子
「うん」
ソプラ
「でもだとしたらなんで…」
流子
「私が一年生でレギュラー取ったからかも」
ベルベット
「それだけで?酷い話ね」
流子
「それで疎まれてやられたのかなって」
ギィ
「確証はあるのか?」
流子
「確証はないけど、特定の選手が明らかに私を狙ってたから」
竜美
「なるほど」
流子
「なんにしても親が戻るまでお世話になるね」
熊野
「気にしないでくださいまし」
流子
「うん、あと街に出たりするのは好きにしていいからね」



ソプラ
「さて、流子のご飯の食材とか買いに行かないと」
ソプラ
「それにしても意図的に狙われた、か」

「はい、それでは確かに」
ソプラ
「ん?声…こっちかな」



ソプラ
「…」
男性
「何者ですか」
ソプラ
「えっと、その腰のバッジ…掃除屋だよね?」
男性
「そういうあなたはもしかしてクランの?」
ソプラ
「仕事?」
男性
「ええ、とある人を追っています」
ソプラ
「仕事の事は話せないと思うけど、その人って?」
男性
「新人を潰しているというとあるスポーツ選手です」
ソプラ
「そうなんだ」
ティーン
「私はティーンと申します、それと仕事の邪魔はしないでいただきますよ」
ソプラ
「それなら仕事には極力手を出さないからその人のたむろってる場所とか教えてよ」
ティーン
「そうですね、その人達は街の東にある廃墟によくいるそうですよ」
ソプラ
「廃墟?」
ティーン
「ええ、ただそこには吸血鬼が出るとの噂がありまして」
ソプラ
「吸血鬼?」
ティーン
「ええ、仕事に手を出さないのなら行ってみてはどうです?」
ソプラ
「そうだね、なら明日にでも行ってみるよ」
ティーン
「ではお互いに仕事には干渉しないという事で、それでは失礼します」
ソプラ
「掃除屋、新人を潰しているというスポーツ選手か」



ベルベット
「…この街は平和なものね」

「そこの人、少しいいですか」
ベルベット
「何かしら」
少年
「少し追っている事がありまして」
ベルベット
「追っている事?」
少年
「ええ、新人を潰しているというスポーツ選手について」
ベルベット
「ええ」
少年
「それであなたにそれに関係していそうな空気を感じまして」
ベルベット
「それってもしかして流子の?だとしたら…」
少年
「どうかしましたか」
ベルベット
「いえ、それならあたしの仲間になりなさい、クランに来れば面白いわよ」
少年
「ほう、面白そうですね、ではその話に乗ってあげます」
ベルベット
「決まりね」
ユウ
「それとボクはユウです、よろしく」
ベルベット
「ええ、よろしく」
ユウ
「ボクはもうしばらく探るので何かあれば宿に来てください」
ベルベット
「分かったわ」
ユウ
「それでは」
ベルベット
「探偵ね、面白くなりそう」

その頃

ギィ
「…」

「おい、そこのあんた」
ギィ
「ん?俺か?」
女性
「ああ、あんた怪我した女の子の事考えてたろ」
ギィ
「なんで分かるんだよ」
女性
「あんたの心を読んだからな」
ギィ
「は?」
女性
「それで当たってるか」
ギィ
「当たってるけど」
女性
「それでなんだがな、俺もその話に噛ませてくれよ」
ギィ
「は?」
女性
「少し俺もその人の事が気になってんだ」
ギィ
「まあいいか、俺は構わないけど」
アカツキ
「サンキュ、俺はアカツキ、よろしくな」
ギィ
「ああ、よろしく」
アカツキ
「ついでにあんたの参加してるクランってやつにも混ぜろよな」
ギィ
「また心読みやがったな、まあ構わないけどな」
アカツキ
「サンキュ」
ギィ
「はぁ」

その頃

竜美
「ふぅ」

「お、そこのあんた」
竜美
「私ですか?」
女性
「ああ、あんたこの街の奴じゃないよな」
竜美
「まあそうですね」
女性
「それであんた強い奴って知らないか?出来れば格闘家で」
竜美
「格闘家で…うちのクランにはそういう人も多いですね」
女性
「クラン?」
竜美
「私の参加してる組織です」
女性
「面白そうだな、俺もそこに参加させてくれよ」
竜美
「それは構いませんが」
勝巳
「サンキュ、俺は勝巳ってんだ、よろしくな」
竜美
「ええ、こちらこそ」
勝巳
「燃えてくるぜ」
竜美
「熱い人ですね」

その頃

熊野
「ふぅ」

「そこの人、少しよろしくて」
熊野
「私ですの?」
女の子
「うん」
熊野
「それで何かご用ですの」
女の子
「あなたこの街の人ではありませんわよね」
熊野
「確かにそうですが」
女の子
「頼みがあるんだけどいい」
熊野
「頼み?」
女の子
「私達を外の世界に連れ出してくださいませ」
熊野
「つまり?」
女の子
「一緒に連れて行って欲しいの」
熊野
「そうですね、それは構いませんわよ」
マリアベル
「感謝しますわ、あと私はマリアベルと申します」
美紗子
「私は美紗子だよ」
熊野
「ええ、よろしく」
マリアベル
「声をかけて正解でしたわね」
美紗子
「だね」
熊野
「家出ですかね」



ソプラ
「という訳なの」
流子
「なら行ってきていいよ、こっちは平気だから」
ベルベット
「ええ、すまないわね」
ギィ
「協力者も手に入れたしな」
竜美
「そっちは行く時に合流ですね」
熊野
「では休みますか」


第三話に続く

コメント


管理者のみに表示

トラックバック