FC2ブログ

アナザーストーリー ソプラ編 第四話

戦闘に勝利した一行は


吸血鬼
「まだ…」
ソプラ
「もう諦めたら」
吸血鬼
「うぅっ…」
ベルベット
「待って」
ギィ
「邪悪なものが憑いてやがる」
竜美
「せりゃっ!」
熊野
「これで平気だと思いますが」
女の子
「…あれ?私…」
アカツキ
「平気か」
女の子
「うん…」
勝巳
「あんた名前は?それとどうする」
リザ
「リザリオット…リザでいいよ」
ソプラ
「うん、それでリザはどうする」
リザ
「みんなと行く、どうせ行く当てもないし」
ベルベット
「決まりね」
ギィ
「あいつらは仕方ないとはいえ逃げちまったな」
竜美
「とりあえず街に戻ってそれから考えますか」
熊野
「ですわね」
リザ
「行こう」
アカツキ
「だな」
勝巳
「引き上げるか」



流子
「あ、お帰り」
ソプラ
「ただいま」
流子
「その子は?」
ベルベット
「かくかくしかじかで」
流子
「そっか、ならよろしくね」
リザ
「うん、よろしく」
流子
「とりあえず休んでね、私もその話は気になってるから」
ギィ
「新人潰しをしてるスポーツ選手か」
流子
「うん」
竜美
「分かりました、ではそっちも調べられるだけは調べてみます」
熊野
「よろしいんでしょうか」
リザ
「いいんじゃないかな」
アカツキ
「なんにしてもあいつらの事は気になるしな」
勝巳
「とりあえず自由にしようぜ、それからだ」
流子
「うん、そうして」



ソプラ
「…」
リザ
「やっぱり気になってる?」
ソプラ
「うん、流子に怪我をさせたのが意図的であの人達だとしたら」
リザ
「それはそうなんだけど」
ソプラ
「やっぱりあの人達なのかな」
リザ
「掃除屋が教えてくれたのならそうなんだと思う」
ソプラ
「でも複数人いたからどれがターゲットなのかは分からないよね」
リザ
「それはあるね、それも踏まえて教えてくれたのかも」
ソプラ
「あー、なんとなく分かった」
リザ
「でもやっぱりなんとなく腑に落ちないな」
ティーン
「失礼します」
ソプラ
「あ、ティーンさん」
ティーン
「少し頼みがあるのですが、よろしいですか」
リザ
「仕事には干渉しないんじゃないの?」
ティーン
「いえ、仕事とは無関係の事です」
ソプラ
「そうなの?ならいいけど」
ティーン
「ええ、とある場所に行ってあるものを受け取ってきてもらいたいのです」
リザ
「あるもの?」
ティーン
「それについては機密なので話せませんが」
ソプラ
「うん」
ティーン
「場所は地図でここにある今は使われていない屋敷です」
リザ
「うん、でも何を受け取るのかな」
ティーン
「それは言えません」
ソプラ
「まあ流石に手口は明かせないか」
ティーン
「ええ、それを受け取ったら私に渡してもらえれば」
リザ
「まあいいか、とりあえず引き受けるね」
ティーン
「感謝します」
ソプラ
「明日その屋敷に行けばいいんだよね」
ティーン
「はい」
リザ
「分かった、任せておいて」
ティーン
「ええ、それでは」
ソプラ
「何を受け取るのかな」
リザ
「さあ…」

その頃

ベルベット
「ねえ、ユウ」
ユウ
「なんでしょう」
ベルベット
「あなたはなんでその新人潰しをしてるスポーツ選手を追ってるの」
ユウ
「そうですね、開幕前に新人選手の多くが不可解な怪我をしたと聞いたもので」
ベルベット
「多くが?」
ユウ
「はい、それで興味があって勝手に調べてます」
ベルベット
「勝手になのね」
ユウ
「はい」
ベルベット
「でもそれが本当ならその怪我は意図的に狙われたものなのかしら」
ユウ
「でしょうね、少なくとも開幕前に新人だけが怪我をしてる時点で不可解でしょう」
ベルベット
「まあそうよね」
ユウ
「なのでそれについて調査です」
ベルベット
「あと掃除屋がそれと同じ件で動いてるっぽいから」
ユウ
「掃除屋ですか、ならばなおさら負けられませんね」
ベルベット
「まあ探偵としてやるなら好きにしていいと思うわよ」
ユウ
「はい、勝手にやります」
ベルベット
「不可解な怪我、ね」

その頃

ギィ
「なあ」
アカツキ
「なんだ?」
ギィ
「あんた本当に人の心が読めるのか」
アカツキ
「読めるぞ、念じる必要があるけどな」
ギィ
「常に声が聞こえる訳でもないんだな」
アカツキ
「当たり前だろ、そんなんじゃ人間不信になって自殺してるっての」
ギィ
「まあそりゃそうか」
アカツキ
「だから念じる事で心が読めるって訳だ」
ギィ
「なるほどねぇ、超能力も何かとあるんだな」
アカツキ
「そういう事だな」
ギィ
「やっぱ万能な能力なんてないって事だな」
アカツキ
「当たり前だろ」
ギィ
「世の中は簡単じゃないな」
アカツキ
「ま、困った事もないしな」
ギィ
「超能力も難しいもんだな」

その頃

竜美
「うーん」
勝巳
「どうした」
竜美
「あの人達ってやっぱり話の新人潰しをしてる人達ですよね」
勝巳
「だろうとは思うが」
竜美
「だとしたらやっぱりなんですよね」
勝巳
「たぶんその考えは当たってると思うぜ」
竜美
「ただ複数人いたんで、全員なのか誰か1人なのか」
勝巳
「複数が怪我してたんなら複数犯だろうな」
竜美
「やっぱりそうなりますかね」
勝巳
「なんにしても許せねぇ話だぜ」
竜美
「ですよねぇ」
勝巳
「ま、そっちは掃除屋に任せるしかねぇさ」
竜美
「ですね」

その頃

熊野
「お二人はどういうご関係ですの」
マリアベル
「そうですわね、内緒の友達です」
熊野
「つまりお忍び的な?」
美紗子
「うん、そんな所かな」
熊野
「なんかいいですわね」
マリアベル
「熊野さんはお嬢様ではありませんの?」
熊野
「たぶん違うと思いますわ」
美紗子
「そうなの?でもお嬢様口調だよね」
熊野
「これはまあ」
マリアベル
「まあ別によろしいですけど」
熊野
「なんにしてもお二人は素敵な関係ですのね」
美紗子
「まあね、ふふっ」
熊野
「私も素敵な…ふふ」
マリアベル
「なんにしても外の世界が見られそうですわ」
熊野
「ええ、任せなさい」
美紗子
「ふふっ」



ソプラ
「という訳なの」
流子
「そっか、なら言ってきていいよ、私から呼んでおいてごめんね」
ベルベット
「気にしないで、とりあえずキッシュ作ったから食べておきなさい」
流子
「うん、ありがとう」
ギィ
「まあ仕方ないか」
竜美
「本当は流子さんをもう少し世話したいんですけどね」
熊野
「仕方ありませんわよ」
リザ
「とりあえず休もうか」


第五話に続く

コメント


管理者のみに表示

トラックバック